代表電話| やえクリニック

検査について

Inspection

血液検査

血液検査| やえクリニック

全身の状態を調べるための検査です。必要に応じて検査を行います。当院では白血球数、赤血球数、血小板数、炎症反応、HbA1c、血糖値を院内迅速検査で行っています。結果はその場でお伝えし、方針を決定します。肝機能、腎機能、脂質、尿酸値などの検査結果は外注検査のためお時間をいただきます。なおHbA1cとは赤血球中に含まれるヘモグロビンにブドウ糖がくっついたものです。検査直前の飲食に左右されず、過去1~2か月の平均的な血糖の状態を調べることができるため、糖尿病の状態把握に必須の検査です。

レントゲン検査

レントゲン検査| やえクリニック

咳が出る、痰が出る、胸が痛い、息苦しいなどの症状があるときに行なわれる検査です。肺の病気の診断に非常に有用で、肺がん、肺結核、肺炎などでは、異常が白い影として映ります。気胸、肺気腫などは病気のあるところの空気が多くなるので、黒く映ります。 また、心臓や大血管も映るので、心臓弁膜症、拡張型心筋症や心筋梗塞など、心臓が拡大する病気が見つかるきっかけにもなります。また、心不全が悪化すると、肺水腫になったり、胸水が貯留したりすることもわかります。

心電図検査

心電図検査| やえクリニック

手首、足首、胸に電極を付け、心臓が収縮を繰り返すときに発する電気刺激を、波形として記録する検査です。同時に心拍数の測定も行います。心臓のリズムが一定にならない不整脈や、心臓のまわりの血管がつまったり、細くなったりしておこる虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)等の診断に有用です。

血管進展性検査

血圧脈波検査| やえクリニック

動脈の硬さ、血管年齢がわかります。 両上肢下肢の血圧、脈波を測定することにより、下肢動脈の狭窄、閉塞がわかり、PAD(末梢動脈疾患)の早期発見ができます。

エコー検査

腹部エコー検査| やえクリニック

超音波をあて、腹腔内臓器(肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓・膀胱・前立腺・子宮)や甲状腺、主要な血管の走行に異常がないかを調べます。胆石、ポリープ、のう胞、腫瘍などの限局性病変、脂肪肝、慢性肝炎などのびまん性疾患、血管狭窄を発見・評価し治療方針を決定する重要な検査です。

骨密度検査

骨密度検査| やえクリニック

骨を構成しているカルシウムなどの量(骨量)を測り、骨の強度を調べる検査です。主に骨粗鬆症の診断やホルモンのバランス異常、先天性の代謝性骨疾患の診断に使われ、病態の解析に用いられます。骨密度が低下すると、骨粗鬆症という骨の中がスカスカな状態になり骨折しやすくなりますので、骨密度を測定することが重要です。

尿検査

尿検査| やえクリニック

尿を作る腎臓の状態、尿が排泄されるまでの通り道の状態を反映する大変重要な検査です。

電話をかける

ページ先頭へ